ライフハック

「時間が足りない」と感じるあなたにオススメの方法!

「時間が足りねぇよおおぉぉぉーーっ!!」

多くの人がこう叫んでます。
僕も叫んでます。
きっとあなたも叫んでます。

そんなときに、できるコト。
自戒も込めて記事にしてみました。どーぞ!

時間が足りないと気づくまで

使い古された表現ですが、1日は24時間。
誰にでもそう定められています。
公平ではないかもしれませんが平等です。

でも、やりたいことってその枠に収まりきらないですよね。

仕事が終わり、家に帰ります。

「さーて、時間もたっぷりあるし、なんでもできるぞー!」
そう思ったのもつかの間。

ChikuTaku ChikuTaku……

「あるぇるぇ~、おっかしぃぞぉ~?」
気付いたら時計の針は0時をさし、全能感の魔法はとけてしまいます。

ハッと気づいて出てくるのは「まだやってないことがあるってのに!」という悔しさ。

そして決まってこう言うのです。

「時間が足りねぇよおおぉぉぉーーっ!!」

でも、もしかしたら時間は足りているんじゃないでしょうか……?

足りていないのは時間ではなく、「時間をどう使うか」という意識かもしれませんよ。

そもそも、どれくらいの時間がありますか?

時間が足りないと思った人は、当然時間を増やそうとします。

時間を増やすには、いろんな方法がありますよね。

たとえば、睡眠時間を削るとか。
僕もたまにやっちゃいます。
ゲームにハマってる時とかは特に。

ただ、睡眠時間を削るより前にやれるオススメの方法があるんです。

それはとっても簡単で「自由に使える時間を把握する」というもの。

ポイントは「自由に使える時間」であること。
働いている時間とか、お風呂に入ってる時間とか、ご飯を食べる時間とかは除外します。

つまるところ「なにをしててもいい時間」ですね。

ってことで質問です。

あなたは、1日の中で「なにをしててもいい時間」がどれくらいありますか?

これ、実際に割り出してみると思ったより少ないんですよ。
6時間くらいはあるかな~とタカをくくってたら、3時間とかだったりします。こわすぎ。

時間が足りないと嘆く人の多くは、そもそもこの自由時間の把握が十分でないことが多いです。
だからまずは、普段の行動を振り返ってその時間を把握することから始めてみましょう。

もったいない行動を減らそう

自由に使える時間が4時間だったとします。
でも、そのうち30分間は「ダラダラSNSを見る時間」になっているかもしれません。

SNSを眺めるのが1回5分くらいだと「一瞬」のように思えるかもしれませんが、それが6回もあれば30分です。

そして30分は、4時間のうちの12.5%にもなりますよね。

これが、気づかぬ間に時間が過ぎて「時間が足りない」となってしまう原因の一つです。

SNSを見るのがやりたい事ならばいいですが、なんとなく眺める感じでこれだけの時間を使うのはもったいないですよね。
また、SNS以外でもこういったもったいない時間があるはずです。

だから、まずやるのは睡眠時間を削ることではなく、自分の自由時間を把握してもったいないと思える行動を減らしていくこと。

そうやって時間の使い方を見直すのは、やりたいことにフォーカスできる時間を増やす上でとても大切です。

時間が足りないと思っている人はぜひ、自分の自由時間を正確に把握するところから始めてみてくださいね。

まとめ

・「時間が足りない」のはなぜ?
・「なにをしててもいい時間」を把握する
・もったいない行動を見つけて減らす
・時間の使い方を見直すのが大切