ブログ

行動できない人は「しなきゃいけないこと」が多すぎます

日々生活をしていく中で
「○○しなきゃいけない」
ということを増やしてないですか?

そのせいで時間がなくなったり、行動に移せなかったりしませんか?
でも本来、「しなきゃいけないこと」なんてそんなにないはずです。

僕らはもっと、ゆるやかに生きていいと思うんですよね。
だから、「○○しなきゃいけない」と思うことがあれば、あえてこう置き換えてみてください。

「○○しなくてもいい」って。

○○しなきゃいけないという幻想

「1,000文字以上は書かなきゃいけない」
「文章は上手くなきゃいけない」
「有益なことを書かなきゃいけない」

たとえばブログを書く場合であれば、一例としてこういったものが挙げられるでしょう。
でも、冷静に考えてみるとどれも「しなきゃいけないこと」ではないですよね。

必ずしも1,000文字以上書かなくとも、人の役に立つ情報は発信できます。
Twitterなんて140字ですからね。

SEO的には文字数は多い方が良いそうですが、SEOを意識して文章を引き延ばして水増しするようでは本末転倒な気がします。

また、文章が上手くなくても記事を書く事は十分できますよね。
昔のブログで一度だけ、Gunosyにも載ってバズった記事があるのですが、我ながら究極的に読みづらかったことを覚えています。

もちろん読者が読みやすいほうがいいですが、読みづらい記事は世に出してはいけないなんてルールもありません。
最初は読みづらくても、書いていくうちに文章は自然と上手くなっていくものなのでそんなに意識しなくて良いはずです。

そして、自分が有益だと思っていることじゃなくても良い情報発信は出来ると僕は思います。
昔のブログで「喉がイガイガするのイガイガってなに?」とかいう完全に個人的な記事を投稿したことがあるのですが、ここ最近はその記事が一番検索流入が多かったです。

僕は個人的な疑問を調べて書き連ねただけで、特に「有益な記事だ」という意識はなかったんですよね。
でも、そこに興味を持った人にとっては有益な記事になりました。

ブログは時として「えっ、これが伸びるの?」ってものが伸びたりします。
1,000文字以上じゃなくても、文章が上手くなくても、有益という自覚のない個人的なものでも読者さんの求める記事になったりします。

このように、「しなきゃいけないこと」なんて本当はそうでもなかったりするんですね。
だからもしあなたが「○○しなきゃいけない」と考え、ハードルを上げて腰が重くなってしまうようであれば。

「○○しなくてもいい」と考えてみるようにしましょう。

「○○しなくてもいい」への転換

「○○しなきゃいけない」でも「○○してはいけない」でもありません。

「○○しなくてもいい」んです。
それをやってもいいんです。
でも別に、やらなくたっていいんです。

自分でハードルを上げてしまう人は、それくらいゆるく考えた方が良いと思います。
僕なんか高いハードルを見るとすぐに逃げたくなっちゃいます。

「長文を書かないといけないのかー、疲れそうだしなー、やんなくていいかー」とか言ってすぐ自堕落的行動に亡命しちゃいます。

でも「別に長文を書かなくてもいいし、とりあえず書こう書こう」となると、思いのほか筆が乗って2,000文字とか書けたりします。

つまり、「○○しなくてもいい」とリラックスしている状態だと取り掛かりやすいんですよね。
巷によくある「とりあず5分だけやってみる」とか「まずは一回でいいから腹筋してみる」なんていうのと同じです。

やり始めちゃえば、あとは自然と進みます。
だからまずは、一歩目を踏んでスタートを切ることが大事。
そしてそのために、「○○しなくてもいい」というゆるい考え方が大切なんです。

自分に合うバランスを見つけると行動しやすくなる

とはいえ、なんでもかんでもゆるくすると今度は「別にやんなくてもいっかー」なんて考えに陥ることもあります。
人間って難しいw

そこで必要になるのは、「しなきゃいけない」と「しなくてもいい」のバランス感覚です。

ブログを書きたいとは思いつつも、「ブログをしなくてもいい」と考えると一切更新しなくなった…。
そういう人の場合は、「ブログを書かなきゃいけない」という考えの方が前進できるでしょう。

ただ、ここでさらに「1,000文字以上書かなきゃいけない」とかの条件を加えてしまうとキツいかもしれません。

なので、「ブログを書かなきゃいけない」けど「文字数は少なくてもいい」とか…。
そうやってバランスを整えるといいんですね。

「しなきゃいけないこと」
「しなくてもいいこと」

この2つと向き合って、自分にはどういう組み合わせ、バランスが合っているのかを突き詰めると上手く動き出すことが出来るはずです。

まとめ

・「しなきゃいけないこと」はそんなにない
・「○○しなくてもいい」とハードルを下げれば行動しやすい
・時には「○○しなきゃいけない」も必要で、自分なりのバランスを見つけると良い
・なお、この考え方を実践しなくても問題はありません